日本では、共働きや育児の問題には社会的な制度の支援が必要で、個人レベルでは難しい問題になっています。
そんな中、一人の女性がトリマーという仕事を基盤に、仕事と家庭の両立を具体化しています。

結婚して子供ができても仕事続けられました